ダイヤモンドの「カラー」の基準とは?

投稿者 :MByuki on

こんにちは。

ダイヤモンドのちょこっと豆知識の続きです。
前回はカットのお話でした

 

今日は4Cのうちの②「カラー」のお話。

 

ダイヤモンド=透明のようなイメージがありますが

 

細かく分けると石の中の内包物(不純物)によって少し色味がついていている(ほぼ黄色)ものもあります

ただ その色が濃いほど希少価値が下がってしまいます


なのでやっぱりダイヤモンドは無色透明が
1番価値が高いです✧

 

規定の基準があり無色透明が最高レベルの『D』で、一番下は『Z』


D〜Zまで13段階あり細かく分かれています


そして透明のダイヤモンドよりも価値があるとされる、

カラーダイヤモンドというものがあるというのはご存知ですか⁉︎

 

『ファンシーカラーダイヤモンド』と
呼ばれるブルーやイエロー、ピンクなどの
とってもとっても希少性のあるダイヤモンドも
あるんです

 

色が濃くて鮮やかなものは高レベルになり
その中でもとりわけ綺麗なものは
無色透明でランク『D』レベルのものより
高値に(゚o゚;;

個人的にもなかなか手が出せないです…(笑)

 

ピンクダイヤモンドなんて、とっても高くなってるんですよ!

今は鉱山閉鎖等の状況もありかなり希少価値が出てきています

今後もお値段が上がっていきそうですね^^;

 

 

次回は③「カラット」についてです♪


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →